読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おうちにプロ ジャーナル

ハウスクリーニング、家事代行、出張レッスンなど出張訪問サービス業界の情報を発信するサイトです。

ハウスクリーニング業者が知っておくべき集客・営業のコツ

f:id:ouchipro:20160517214015j:plain

ハウスクリーニング業者の皆様が、お客様を効率よく・効果的に集める集客・広告・宣伝のコツやノウハウをご紹介します。

インターネットを活用する方法

「パソコンは苦手」や「インターネットは信用できない」と思ってはいないでしょうか?集客を成功している業者さんは、必ずと言っていいほどインターネットを活用しています。

ポータルサイトに掲載する

最近では、おうちにプロをはじめ、ハウスクリーニング業者向けのポータルサイトがあります。ポータルサイトのメリットは、手間なくスピーディーにネット集客を開始できる点です。

多くのポータルサイトの料金体系が「成果課金」で、予約が入ってから手数料が発生するモデルのため、固定費ゼロ円で始めることができます。

サービスを利用したお客様の口コミも集まり、そしてそれを見て新たなお客様が予約するという好循環が生まれるため、ポータルサイトを活用しない手はありません。

自社ホームページを作成する

自社ホームページは持っていますか?
多くのお客様がサービスを予約する前に、その会社のホームページを調べるので、自社ホームページは持っておいた方がいいでしょう。

ただ、手間や時間もかかるので、ポータルサイトと併用することをオススメします。

※自社ホームページを作った後に、Googleなどの検索結果の有料枠(リスティング広告)を始められる会社さんもいますが、クリック課金で、1クリック数百円するケースもざらにあるので、初心者の方にはおすすめしません。

SNS・ブログで情報発信する

TwitterやFacebook、ブログを使って、日々の活動をアップしていきましょう。
クリーニングの前後の写真を撮影して、Before・Afterでアップするはじめやすいところから発信してみましょう。

リピーターや紹介を受ける方法

集客がうまくいっているハウスクリーニング業者は、リピーターや紹介が多いことが特徴です。ハウスクリーニングは「清掃業」ですが「サービス業」でもあるので、お客様の対応によって、リピーターや紹介につながるのです。

ハウスクリーニングの技術あってのことではありますが、技術だけではできない「お客様がお客様を呼ぶ状態」を生み出すための方法をご紹介します。

訪問前の対応をスピーディー&丁寧に

ハウスクリーニングはサービスの特性上、お客様には「予め時間を空けておく必要がある」ということと、「他人を家に上げなくてはいけない」というハードルがあります。

そのため、お客様が予約した後の連絡は、できる限りすみやかに行い、対応は丁寧に行うことが求められます。

訪問前の対応の良し悪しによって、お客様の最終的な評価は大きく変わるので注意しましょう。

訪問時には名刺を渡す

事前に電話やメールで自己紹介していたとしても、必ず名刺を渡しましょう。身分を明かすことでお客様からの信頼度が増すだけでなく、連絡先を渡すことでリピート利用の確率も格段に上がります。

靴は脱いだら揃えておく

おうちを綺麗にするためにお伺いしているので、振る舞いもキレイにしましょう。「靴を置かせていただきます。」と一言添えると、さらに印象がよくなります。

どんな作業をするか説明をする

作業開始前には、どんな作業をするか説明をしましょう。また、料金についても事前に確認しておくと、なおいいでしょう。

作業中の電話は静かに丁寧に

作業中に電話がかかってくることもよくあると思いますが、お客様は、スタッフの他の人への態度や話し方も聞いていないようで聞いていますので、静かな声で丁寧に対応するようにしましょう。

仮に関係のない営業電話がかかってきたとしても、「今作業中なんだから、後にしろ!」などの言葉遣いで突っぱねたりしているとお客様からはあまりいい印象を持たれませんのでご注意を...。

帰る時には目を見てお礼を言う

帰る際には、お客様の目を見てお礼を言いましょう。また、「お困りのことがあれば、お渡しした名刺の連絡先までお気軽にお電話ください」など言葉を添えることで、「次回もお願いしたい」という気持ちがお客様に生まれます。

また、ポータルサイトで予約いただいたお客様には、「ぜひ口コミもご投稿ください」と伝えることで、ネット集客との相乗効果も生まれます。